今は多様な生き方があり色々な新しいパートナーシップがある




昔に比べて、男女同権をみんなが少なからず意識始めてる時代だ







男が働いて、女は家にいる



そんな昔のお父さんお母さんの形が変わってる



変わって当たり前だ



外で働くのが好きな人得意な人


主夫をしてた方がいい人もいると思う




そうやって自分と見合うパートナーを見つけて

上手くやればいいと思う



でも!




上の動画、自然療法の東城百合子先生の本や話を聞くと


昔のお父さんお母さんの役割って大事だなと思う






先生は今ご存命かわからないが90過ぎても元気で公演や仕事をしてる



その力は玄米菜食を基本とした生活をしてるから




それは栄養学でどうたらこうたら、ということではなく



大地のエネルギーをいただく

太陽の恵みに感謝する



それが大切だというのだ




そんな当たり前で月並みなこと



だから?しってるよ



それが自分の生活や


仕事


結婚や男女関係に関係あるの??



と思う






例えば地に足をつけるために根菜の野菜を食べる


そうやってこの世界とつながる




はぁ??(°Д°)



 という感じの人もいるだろう



私も分かった気でいたが、先生の著作を読み返すと


忘れていた命の大切さや



命をいただく感謝を忘れていたな、と思った












東城先生はそんな大地に根ざす生き方を一貫して話してくださる





誤解を恐れないでいうと



大地に根ざした生き方、それは


食べること料理すること

働くこと

掃除とか身の回りをきれいにすることをちゃんと知ってるか?という事




今はコンビニで買ってきてチンして食べたり


掃除も洗濯も機械を使ってやれる
(もちろん使っていいが、自立してやるということを言いたい)



そんな労働から解放されることが良いことで


そんなこと言ってるのは時代は古い!と思う





私もそう思う



最初に書いたように今は男女同権社会で
生きやすい生き方をそれぞれ性別問わずやればいいと思う




でも、なぜかそれだと幸せを感じにくかったり



離婚も多いのはなぜだろうか?



みんなが大地に根ざした生き方考え方を忘れてしまってるせいではないだろうか??






東城先生が言う男女の役割と
男女同権の男と女という価値観


すり合わせていくと良い感じがする




人によっては昔ながらの男女の役割を嫌悪したり
抑圧を感じるかもしれない



男尊女卑のイメージも確かにあるだろう



でも自分の役割があることで人は生きがいになる


これは、、うーん、本を読んでみるとなんとなくわかる感覚なので、
説明するよりも読まれる方が早い





 今のこの世の中は



 嫌なことをしないで済む世の中でもある



なんでもできる良い時代だ




スマホがあったりゲームもあるし寂しさも紛らわせられる



コンビニでチンもできるし、外食もできる



それも悪くはないだろうが、もし



女性で結婚したいというのなら



昔の花嫁修行を少しはかじっておくのも良いかもしれない



もちろん自分の個性があってそういうのは苦手な人もいるから、それはそれで良いと思う



でも例えば子どもができて病気になった時

アトピーになった時、


てんかん持ちになったとき


病院で治るならいい


でも治らない時にこの本はとても役にたつ




なぜなら大地に根ざした生き方、考え方がのっていて



命をいただき自然治癒力を高めていけるから






昔はだいたいみんな結婚できた


お見合いとか無理やりとか含めだろうが



今はとても自由なのにできない人が多い気がする
(結婚がいいというわけではないが)




理屈で考えるといくらでも反論できるのだが
とにかく男女の役割や、家事育児の根本をもう一度学ぶ必要がある、と思った



実際にこの本の中でも、いわゆる現代の普通の生き方をしてる人が


病気をきっかけで地味な泥臭い生活をしなければいけなかった


質素な玄米菜食

命をいただく感謝の気持ち



それを続けていけることで結婚できたというエピソードがある




いろんな人がいるから必ずしもではないが



男はそういうお母さん的なものを求めてる時もある


それを女は嫌なのはわかってる

それを求めすぎる男もよくはないだろう


それに徹することはないが


栄養があって美味しいご飯を作れる

(もちろん男も料理を手伝ったり役割分担で作ってもいい)


風邪をひいた時や食中毒お腹が痛い時
とか、
大根とか生姜とか、玄米スープ、梅干しなどを使って治せる智慧



とかあるだけできっと男は惚れ込むだろう
仕事の効率がぐんぐん上がる


もちろん女性は母さんでもないし家政婦でもないし
セックスの相手だけでもない


でも、やっぱりそこが大事なんだと思う



なんどもいうが理屈じゃなくて

男女同権とかを否定してるわけではない



でも結局我々は


動物


命を根ざした生き方をしてる人は強い



男女、ジェンダーフリーももちろんある


でも男女の役割もある



この二つの矛盾したものを
上手く自分の生活に融合させて


もう一度向き合うことが良いのだと思った