私は武田教授が好きでよく動画を観てる






世間とは違う事



常識とは違う事を言う方で




え?と思うこと沢山ある



私も沢山の悪い意味での『常識』に染まってるのだ






   


よくスピリチュアルな事を言うと




『それは科学的に違うし証拠(根拠)がない』




という話がある



それはそれで一理あるとおもう






でも、科学の中で



我々が信じてたものがニセ科学だった、、、




と言う事を武田教授は教えてくれる




ある唯物論的な知り合いの人にこの武田教授の意見を話したことがあった




いつも科学的な根拠を求めてるのに


私の話を聞いて『うそだ!』と言った





いかに『科学的』というものも何度も言われて刷り込まれたら本当に聞こえるだけ、ということだ


もちろん武田教授が全部正しいとかそういうわけではないだろうが



学会とかの忖度とか圧力とかそういうのもあるので



素直に真実のデータとかが表に上がってくるわけではない




どこの世界もそうだが、上にいる人が自分の意見を間違ってても曲げないと



そのままその人が引退するまで何十年と一般的には間違った事を我々は知らされる


上の人は間違いを認めると地位も名誉も生活も危ぶまれる




前回の記事でも書いたが



スポンサーによって色々運営されていると




不都合なことは隠されてしまう






もうかなり何年か前の衛星放送テレビだが




武田教授がその番組で




『リサイクルは意味ない!というか逆にコストも環境にも悪い』といってて



は??と思った



民放でもその後おっしゃっていたが、未だに社会はリサイクルをつづけている











熱中症の真実を話してる



私もよくよく考えると、学生の時炎天下の校庭によくみんなでいたが、倒れたりしたやつって案外少ないなと思う





熱中症と認められず、気持ち悪い、クラクラする、といって保健室に運ばれた人はたまにはいたが



それにしても今みたいに熱中症熱中症言わなかった




動画でも言ってるが、子どもとお年寄りはもちろん気をつけた方がいい





誰でも起こりうる熱中症だ




ただ20年前と比べて暑さも変わってないらしく
じゃあ何で熱中症が増えたのかというと、、、



血圧降下剤だという


あともう一つなんとかって言ってたがそれは動画を観ていただければわかる




武田教授は血圧の薬が使われた時期と熱中症が増えた時期が比例してる、と指摘してる




やはりそれはテレビとかでは言えないそうだ





もし薬を飲んでる方は、より暑さに対して気をつけた方が良いかもしれない