またまた前回に続き
薬剤師の彼の動画



メンタリストダイゴさんがオーガニックの嘘だと言う動画についてのアンサー動画的な感じだ





ざっくり言うと



オーガニック食品にはビタミンなどの栄養価は
オーガニックじゃないものと比べて
変わらない!!






さもオーガニックの方が良さそうだが、農薬も一応国は基準値を決めているから


それを気にしないで大丈夫と思うなら、安いふつうの野菜を買った方がいい





自然食屋さんの人も同じことを言ってた




自然食屋さんで色々話を聞いたことがあるが




『無農薬栽培で作ってる農家さんの作物より
正直、ふつうに農薬作ってても美味しい作物ってたくさんありますよ』




て言ってて、自然食屋さんも盲信してないところがすごいなと思っておどろいた







50年近く無農薬栽培してる農家の人の話を聞いたことがあるが


その人は全国引っ張りだこのプロ中のプロで


中国からも頼まれて教えに行っていた




その人も同じことを言ってた


その人は野菜は見た目!!


と言っててえー!!となった



ふつう無農薬栽培だとだいたい虫食ってたり、ひん曲がってるたりするが、農薬漬けの野菜よりいいだろうとおもうし、

結構自慢げに



『うちは無農薬だから虫食ってて美味しいよ』


と聞く




でも実際は虫食ってると言うことはそれだけ不完全な野菜

(窒素が多かったりするらしい
具体的に色々教えてくれたが、わすれた)




曲がった野菜はストレスがかかってるから
ダメな野菜、といってた





とはいえ無農薬栽培の方がいい



とはいえ家族がいたりして子どもとか心配な方は無農薬の方がいい



⤴︎の動画の夫婦も子どもがいるから
その辺ダイゴさんとは意見が違う、と言ってた






まあ、ないに越したことはない


なぜなら3割は無農薬がへらせる



昔、日本で色々な公害があった


その中には残留農薬も実は入っていたそうだ








それに農家さんの中でも自分が農薬を使ってて、気持ちが悪くなる人も多い











無農薬りんご作る木村さんの奥さんも農薬で体調悪くなってしまって、
そこから無農薬りんごを作るきっかけになった






農薬の中でもネオニコチノイドはやばい!




いま世界でネオニコチノイド系の農薬が禁止になってるのに、日本はなっていない



ラウンドアップとか言う名前とかでホームセンターに売られてるが



これは超強力でやばい





世界でミツバチがどんどんいなくなってる




ミツバチがいなくなれば受粉をしなくなるので
世界の作物が育たなくなるのだ




しかもネットでは、なんとその農薬はベトナム戦争で使われてる枯葉剤だという



実はその農薬の企業は軍事産業もやってるので
余ったものを、今度は農薬として売り出したのかもしれない




まあこの辺の真偽は抜きでも
かなり次世代の農薬はやばい







じゃ何がいいの?


この辺はもちろん人の価値観によるのだが



農薬、無農薬 気にする人、しない人がいる



それにプラスして生産者の顔が分かったり



その人が野菜に対して愛情があるなしでも違う



無農薬で作ってる人は、それなりに覚悟があるし
農協とかには頼れないし、哲学を持ってやってるので、何かしら想いが伝わるかもしれない





私たちは物をただ食ってるわけではなく

そう言う目には見えない、数値には現れないものの命を食べてる




それが大事だ




なんかこう書くとスピリチュアルや宗教じみてくるが、
でも誰だって好きな人が愛情を込めて作ってくれたら、嬉しいし美味しい思い出に残る料理になるだろう







そしてもう一つ大事なのが、、、




野菜全体をなるべく食べる


例えば未だに玄米の栄養もまだまだ分かってない未知のものがあるそうだ




そう言う感じで、数値ではわからないものがまだまだある



野菜も、葉も茎もヘタも全て合わせて調和した栄養になるのだ




とはいえなかなか使えないものもあると思うが
出来るだけ使うのがいい



私も最近、少しづつそうしてる



例えばヘタや硬いところは後で


炒めたり、野菜スープの具にしてだしを取るだけでも違う


そうやってまるまる使ってあげるなるべく




ゴーヤやピーマンのタネやワタとか

人参のヘタや葉もたべれる




そうやってムダなものとか要らないと思ってるものも、何かしら私たちに作用してくれると思う






結局は食べる私たちの意識が関わってるのかもしれない