この間かなり強い台風が本州などを襲った


私のボロアパートもなんとか持ち堪えてくれた笑



確かに一時、風が強くて怖かった







これみてて面白かった笑


めぐみさんの独特の表現力に笑ってた


いざとなったら私が本性だして
川の水のみほしてやんよ!


て言ってて笑った笑笑



​もっとあなたを生きろ





私が今回の台風で感じたのは、もっとみんなが自分らしく自由に生きてほしい


と言うメッセージだった



私たちは少なくとも少しは嫌々働いたり、義務や責務を嫌なのにやっていたりする




そのストレス解消として何かを余計にかったり食べたり
人に優しく接しなかったりする




その積み重ねが台風という形で出てきていると思った


陰謀論的な話も含み


私たちは忙しさにかまけて、自分しか見れなくなったり

あるいは社会や他人のことばかり気にしていたりしてバランスを欠いてる



その負のエネルギーも含め台風は洗いざらい空を綺麗にしてくれてるのだ



次の日など空がピカピカで、草木は本来の太陽のエネルギーを受け取り生き生きとしていた


それを私たちも受け取り清々しさをより感じていける




元に戻ろうとしないで




台風からのメッセージで私が思ったのは



例えば、復興とか復旧作業を被災があればしなければいけない



それ自体はとてもいいことだ


人々は寄付をしたり祈ったり応援したりボランティアしたりして立て直していく



ただそれが単純に『元にもどろうとする』だけだとダメなんだな、と感じた




台風によって一回リセットされたら


もう一度やり直す気持ちと+αそれ以上何か素晴らしいことをしてパワーアップしたいものだ



例えば、もっと自分のために生きる、とか

もっと嫌なことをしない、とか

寄付をした事なかったらしてみようでもいいし

近所であった他人に少し優しくしてみようでもいいし


家族に電話してみようでもいい




とにかく自分が『あっこれしたらいいかも💡』

というような自発的に、なんかやりたいことをやるといいかもしれない



そうすることで、『元に戻る』だけではなく私たちも進化をしていく


元に戻るだけでも確かに大変だが、それだけだと『また同じことのくりかえし』になる




それに元に戻す、という考えも

例えば今までは自力で直そうとしていた


でもちょっと人々の助けを借りてみようと『意識を変えてみた』り

又は『そういえば全部は直す必要ないかも、、本当に必要な所はここだな』

とか新しく考えれるかもしれない




無関心を無くしていく


陰謀論だと、支配層が常に飛行機でいろんな有害な物質を撒いている


ネットにもたくさん出てくる


真偽はもちろんわからないが、でも何故かメディアにも出てこないし誰も調査をしない



そうやってあまりに大きな変な事は誰も疑いもしないのだ



その人たちが悪いとかそういうことではなく


私たちはそう言ったことも含めて何もわからない状態にある



ソウルオリンピックの時に晴れにするためにミサイルを打ち上げたのは新聞にも載っている



という事は逆もできても当然だろう、、、、、、



台風は降りかかった天才ではなく


私たちの心から出たものや

環境から出たものなど


あらゆるものが出てきたものかもしれない